第1904回例会記録

開催日

2021年9月6日

場所

リーガロイヤルホテル広島

ロータリーソング

奉仕の理想

本日のプログラム

会員卓話「例会プログラムについて」

卓話者

大井プログラム委員長

担当委員会

プログラム

ゲスト

米山奨学生:李 海月(リ カイゲツ)様

祝事等

・会員誕生日(4名)池田 石原 原田 山野井
・配偶者誕生日(6名)山野井 熊野 七枝 山肩 嶋本 村上

会長時間

「基本的教育と識字率向上月間」

本日は先週に引き続き、オンラインをメインとした例会とさせていただいております。次週の例会がどうなるかは、日々の情勢を見ながら安全を第一に判断し、皆様にお知らせしたいと思います。

さて、今月は「基本的教育と識字率向上月間」です。2014年10月に、国際ロータリー理事会は9月を重点分野「基本的教育と識字率向上月間」に定めました。地域社会において基本的教育を普及し、識字能力を高めるためのプログラムを支援し、地域社会の参加を促進、成人識字率の向上、教育における男女格差を減らすための活動、基本的教育と識字率向上に関連した仕事に従事することを目指す専門職業人のための奨学金支援を強調する月間とされています。

私の職業に関連して申し上げると、医学用語は非常に難解と言われます。自分たちが日常的に使っている用語は、誰しも容易に理解できるものと勘違いしてしまうからかも知れません。もちろん最近はIT機器の進歩により、ネットで検索するとすぐに詳細な解説を見つけることができます。患者さんの中には、非常によく調べておられ、時には私たちも知らないような情報を持ってこられます。あまりにも情報を知らないことは許されませんので、診察の合間をぬって新しい知識を得るようにしています。説明する時には、なるべく理解していただきやすい用語を選ぶように心がけます。どの業界も同じだと思いますが、医学の世界では特に「インフォームドコンセント」が重要と言われます。お互いに理解しやすい言葉で会話をすることは、コミュニケーションの基本とも言えましょう。

幹事報告

● 送付配布物のお知らせ(後日お届け)
1.ロータリーの友誌9月号
2.ガバナーズレター9月号

● 月のロータリーレート
1ドル 110円

理事役員会等

・本日、例会終了後引き続きZOOMにて、第3回理事役員会開催

委員会報告等

・出席=出席報告(割愛)

前の記事

第3回理事役員会

次の記事

第1905回例会記録