第1909回例会記録

開催日

2021年10月18日

場所

リーガロイヤルホテル広島

ロータリーソング

それでこそロータリー

本日のプログラム

会員リレー卓話「ウイルスとの共生から得たもの」

卓話者

藤村欣吾会員

担当委員会

プログラム

祝事等

ニコニコ箱時間に紹介(S.A.A委員長)
・入会月(3名)松村 下原 淀江

会長時間

「経済と地域社会の発展月間」

「2021-22年度地区大会の報告」

標記会合が10月17日(日曜日)午後1時からオンラインで開催されましたので、その概要についてご報告申し上げます。

今年度第2710地区ガバナーである杉川聡氏の点鐘により大会が開始されました。曽里実行委員長の開会の辞に始まり、ホストクラブである広島西南ロータリー根石会長の歓迎の挨拶が続きました。その後ガバナー挨拶、来賓祝辞、RI会長代理挨拶が行われました。今年度の地区大会決議の報告の中で、地区大会記念事業として広島市心身障碍者福祉センターへ、デイサービス送迎用福祉車両を1台寄贈することが発表されました。この車両にはロータリークラブのシンボルマークを入れ、ロータリーの認知度向上を図るということです。また次年度の地区大会は、2022年10月14日~16日にかけて、徳山ロータリークラブをホストとして山口県周南市で開催されることになりました。コロナウィルス感染症が落ち着き、通常通りの開催ができることを願いたいと思います。

わが広島中央ロータリークラブは、団体として例会年間100%出席達成の表彰を受けています。またマルチプルポールハリスフェローとして3名の、ポールハリスフェローとして新たに4名の会員が表彰を受けておられることをご報告申し上げます。

休憩の後は教育評論家尾木直樹氏による記念講演が行われました。その概要は会長時間の中でご報告します。

幹事報告

  • 100万$食事(幹事告知)
  • BOX配布物の確認
    ・がんの早期診断のためのマイクロRNAを用いた検査のご案内

委員会報告等

  • 出席=出席報告
  • 地区がん予防推進委員会(児玉会員)=がんの早期診断のためのマイクロRNAを用いた検査の紹介

前の記事

第1908回例会記録

次の記事

第1910回例会記録