広島中央ロータリークラブの歴史

各年度をクリックすると、広島中央ロータリークラブの歴史をご覧頂けます。

  年度 会長名 会長方針
設立 1978-1979年度 高石 稔 やるのなら後世に残るまでの意識でー、期待と不安が入り混じった初めての例会
1周年 1979-1980年度 高石 稔 奉仕の理想に燃えて、基礎固めに尽力、東南ロータリークラブから多大な指導を受ける
2周年 1980-1981年度 柚木 宏 偉大なクラブを目指して、可能な限り奉仕活動に邁進
3周年 1981-1982年度 山村忠次 着々と実っていく奉仕活動、例会には多くの触れ合いと喜びが生まれる
4周年 1982-1983年度 城本正昭 国際社会と善意により平和と幸福の実現を目指す。また3H運動、P.H.D.運動の助成など逐次推進
5周年 1983-1984年度 前田修治 五周年の記念事業を挙行、7RC合同幹事会のホスト役、クラブ活動は更に開花
6周年 1984-1985年度 俵 茂 一期一会の精神に溢れる例会を心掛け、地域社会と密着し、共に生成発展の気持ちを大切に
7周年 1985-1986年度 粟津柴朗 国際奉仕の分野で、友愛と親睦を深める大切さを知る、奉仕の輪を広げ、成果も確認す
8周年 1986-1987年度 河野雅安 クラブの組織充実と支援体制を実感、和楽の気持ちでロータリーを楽しむ
9周年 1987-1988年度 松本團冶 国際活動が多岐にわたる、最大のイベントはI.G.F.のホスト
10周年 1988-1989年度 柚崎 博 創立10周年を迎える記念すべき年、永遠に発展し続ける意義あるクラブ創出に尽力
11周年 1989-1990年度 角田光永 親睦と奉仕を通じ、ダイヤのように光輝くロータリアンに
12周年 1990-1991年度 新谷昭治 活動の基本はクラブ内の和が大前提。みんなで奉仕、みんなで親睦
13周年 1991-1992年度 児玉謙三 次元の高い精神を培養することで、人に温かく接する
14周年 1992-1993年度 東 敏夫 多くの拍手、暖かい拍手で例会がより楽しくなる
15周年 1993-1994年度 塩見正夫 クラブ運営は原則に忠実に、実行は弾力的に
16周年 1994-1995年度 田中啓男 奉仕の精神の下、蓄積されたエネルギーを、社会へ暖かく、しなやかに放出
17周年 1995-1996年度 吉竹 寛 健康で、そして奉仕をベースに楽しい例会を
18周年 1996-1997年度 熊野 巧 行動力ある奉仕という命の血によって、地域社会に貢献できる
19周年 1997-1998年度 深瀬 清 クラブ内に一致したムードを湧出し、溌刺とした気分で奉仕に邁進
20周年 1998-1999年度 増原重巳 ロータリアン一人ひとりの熱意が夢を育む
21周年 1999-2000年度 久野瀬弘 不忘初心
22周年 2000-2001年度 林 壽彦 「初心に返って、行動を」
23周年 2001-2002年度 高重清純 例会は楽しく、プログラム・S.A.Aの充実、会員増強でクラブの若返り、奉仕活動は会員全員での参加を
24周年 2002-2003年度 田原榮一 例会は自己研鑽の場
25周年 2003-2004年度 杉本嘉朗 優しい心から奉仕が生まれます
26周年 2004-2005年度 神保 紘 「全員で参加を」
27周年 2005-2006年度 前岡智之 “おもいやり”と“寛容”でロータリーの喜びを感じよう。
28周年 2006-2007年度 緒方俊平 「いつも心に太陽を」
29周年 2007-2008年度 赤羽克秀 「参加、実践 そして 感動を」
30周年 2008-2009年度 橋本 満 我がクラブを大切に
31周年 2009-2010年度 迫田勝明 ロータリーを楽しもう
32周年 2010-2011年度 出崎邦彦 楽しく進んで奉仕を 
33周年 2011-2012年度 藤村欣吾 共に学び、楽しく奉仕を
34周年 2012-2013年度 河野 隆 喜びの種をまこう
35周年 2013-2014年度 土肥博雄 ロータリーは人と奉仕を つなぐ橋
36周年 2014-2015年度 戸田幹雄 ともに語らい、心の鐘を鳴らそう

2016-2017年度

本日の広島中央RCの予定

2017 4/29Saturday

本日の広島中央RCの予定はありません。

これからの広島中央RCの予定

05月01日(月)00:00
他クラブ休会日
05月01日(月)12:30
休会
05月02日(火)00:00
他クラブ休会日

今月の予定と例会変更

ページの先頭へ戻る