2019-2020年度 事業計画

 

一覧へ


 クラブ広報委員会

 
理事・委員長 淀江 晃太郎
1.方針
 会長方針である「たくさんの笑顔に出会えるクラブづくり」を踏まえ、事務局や各委員会と連携して、会員の皆様に喜んでいただける会報誌やHPの作成し、広島中央ロータリークラブの活動状況をクラブ内外に発信していく。
クラブ広報委員会内での資料を整理して次期への申し送りができるようにしていく。

2.計画
 理事としては「ロータリーの友」において興味深い内容を中心に在校クラブの掲載記事などを毎月委員会報告で紹介する。

【クラブ会報・資料保存委員会】
会長コラム、広島中央ローターアクトクラブのコーナーを開設し、限られた紙面内で会員の皆様に楽しんでいただけるような内容をタイムリーに発信していく。
そのためには事務局や他の委員会と連携して卓話等の原稿を早めに入手して発行できるように作業のワークフローを作成する。

【広報委員会】
記者クラブへの投げ込みは精度の高い内容でないと採用されないので、現行通り関係のある記者と連携して情報を発信していく。
そのためには会長、幹事、理事、委員長で担当記者の方に挨拶して関係を維持していく。

【IT委員会】
クラブ会報。資料保存委員会と連携して、HPの更新をリアルタイムに行っていく。
また、現HPのサーバーはただの物入れ状態になっているので、これを今後どのように管理していくか新たなプラットフォームの導入も含め検討していく。
さらに引き続きマイリータリーへの登録・利用促進を図る。
 

 

 

 

クラブ会報・資料保存
委員長 政岡 誠二
1.方針
  会長方針である「たくさんの笑顔に出会えるクラブづくり」を踏まえ、クラブの活動及びロータリークラブの諸活動について、委員会のメンバー全員参加でクラブの内外に情報発信していきます。
会員の皆様に読みやすく楽しんでいただく事をモットーに会報を作成し、クラブ内外に発信していきます。

2.計画
 会報誌冊子の仕様は昨年通りとし、表紙は当該月の代表的な写真やロンガルス同好会のメンバーの作品を掲載します。また該当月のプログラムに因んだ会長コラム、広島中央ローターアクトクラブの活動報告は昨年度に引き続き掲載します。
 限られた紙面内で工夫をしながら、会員の皆様にタイムリーな情報を伝える、また楽しんでいただけるような内容にするべく、他委員会との連携も図りながら原稿を入手し期日までに発刊できるようにする。写真撮影の業務はクラブ広報委員会のメンバーで連携して滞りなく行います。
 

 

 

 

広 報
委員長 好永 裕一
1. 方針
 会長方針である「たくさんの笑顔に出会えるクラブづくり」を踏まえ、本年度予定されている当クラブの活動内容を各委員会と連携して情報を内外に発信し,当クラブの認知度向上を図る。

2.計画
@本年度予定されている奉仕活動等の諸活動(特別支援学校への寄贈,8月6日のおもてなし,マイカー乗るまぁデーPR活動・献血支援活動等)について,各委員会と連携し早めの正確な情報収集を行う。
Aマスメディアが取り上げやすい内容、タイミングを図る。
B中国新聞等の地元メディアに取材してもらうよう,積極的に働きかけていく。
 

 

 

 

IT
委員長 城本 健司
1.方針
 福田会長の方針の「たくさんの笑顔に出会えるクラブづくり」に沿うように、会員相互間の好意と友情が育まれ、外部から閲覧される方々も笑顔になっていただけるHP作りに努めて参ります。

2.計画
 クラブ会報・資料保存委員会と連携して、当クラブの様々な活動を当クラブのHPにタイムリーにアップしていき情報発信していくとともに、資料保存を行っていきます。

 MY ROTARYへの登録・利用を促進すると共に、「ロータリーの友」電子版の普及に努め、MY ROTARYや「ロータリーの友」電子版を利用して、国際ロータリーの活動をクラブ内にも広めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.