2017年2月20日

 >> 一覧へ

2016-2017年度 2月期 第1740例会記録

 

【場所】リーガロイヤルホテル広島 【ロータリーソング】それでこそロータリー 

 

 

本日の
プログラム

新会員卓話 「自己紹介」

 

 

 

卓話者

古川善也 君

 

 

 

担当

プログラム

 

 

 

祝辞等

・入会月会員(2名)

 

 

 

会長時間 「2月23日ロータリークラブ誕生日を覚えて」
 先週14日(火)19時から2時間、広島中央ローターアクトクラブの設立準備会が開かれました。会員の方々の会社から派遣された
 10名、地区ローターアクト代表3名、中央ロータリークラブから13名、合計26名の皆さんが出席され、ローターアクトクラブの概要説明や現況報告があった後、熱心に意見交換がなされ、よき準備会をスタートすることができました。今年度内の設立を目指すことが確認されました。ご準備いただきましたローターアクト委員会の皆様に感謝申し上げます。
さて、私たちにとって誕生日は何歳になっても感慨深いもので、毎月第一週の例会日には、会員のお誕生日を紹介し、共にお祝いしております。
 2月23日は、ロータリー誕生の日です。1905年2月23日、ポール・ハリスによって初のロータリークラブの例会がシカゴで開かれ、一粒の種が蒔かれてから112年を迎えます。
 ジョン・ジャームRI会長は、この日を覚えて次のようなメッセージを届けておられます。
 「世界は今、これまで以上にロータリーを必要としています。世界は私たちの勇気、前向きな思考、理想を必要としています。世界は、私たちロータリアンが提供できる寛容、協力、希望を必要としています。世界はすべての国々の人々が成功裏に、快く、友情を築きながら一緒に活動できることを証明した組織を必要としています。
 私たちは、自分たちの行動がもたらす影響のすべてを知ることはできません。しかし、良いことを行おうと決意すれば、良いことはついてくると私たちは知っています。つまり、❛超我の奉仕❜を人生の指針にすれば、それが善に満ちたものへと導いてくれるのです。」
今年度、RIは、ロータリークラブ誕生日を迎えるにあたり、2月23日を「世界理解と平和の日」としました。
 私たちは、スピードをもって、目まぐるしく変化する時代にあって、誰も未来を予想することはできません。先行き不透明なこのような時代であるからこそ、ロータリークラブが誕生した2月23日を迎えるにあたって、ジョン・ジャームRI会長が提唱された会長方針「人類に奉仕するロータリー」を今一度心に刻みたいと思います。

 

 

 

 

幹事報告

◎100万$食事(幹事告知)
◎座席指定(抽選)
◎BOX配布物の確認
 @次年度理事役員会議事録
 ARAC設立準備会報告及びRAC地区大会案内
 B会員名簿追加・訂正
◎回覧物
 @広島14RC合同懇親ゴルフ大会出欠表(2/28〆切)
 A次年度用ロータリー会員手帳注文書
◎今週2/23(木)12:45〜広島支援学校交流会実施、出欠回答は本日が〆切
◎健康診断希望者は日程が混み合いますので、今月中に申込みをしてください。
◎次週2/26(日)インターシティミ-ティング開催について
 13:30〜ホテルグランヴィア広島にて開催。出席予定者は確認の上、参加をお願いします。次年度は当クラブがお世話役となりますので行程をしっかり把握してください。また当日無断欠席はないように、欠席の場合は必ず幹事に連絡してください。
◎次週2/27(月)18:30〜の新会員歓迎会参加の方で、ホテル送迎バスを利
用される方は事務局までご連絡ください。(人数把握のため)

 

 

 

理事役員会

◎例会終了後3Fロビーにて第3回R財団100周年記念イベント実行委員会開催

 

 

 

委員会報告等

◎出 席 : 出席報告
◎ロータリー財団委員会 : 愛のコイン箱
◎奉仕プロジェクト委員会 : 広島中央ローターアクトクラブ
◎G6・7合同インターシティミーティングについて

 

 

 

 

 

 

 

【 第1740例会のアルバム 10枚 】
 

 

 

 

 

【 ニニココBOX 】

トピックス

◎吉川修平君:広島駅前の再開発Cブロックの超高層ビル1階に出崎会員が移転され新しいクリニックで診療を受けました。天井は高く、工夫された照明は明るく、隣が全く気にならないように仕切られた診察スペース、白を基調に洗練されたデザインの壁面、高齢者に優しい備品など、一口言えば「デンタルサロン」でしょうか。出崎会員おめでとうございます。(出崎会員10,000円)

◎田原榮一君:RCC地区大会
2月19日、RCC地区大会が防府で開催されました。前原地区奉仕委員長と参加し3つのRCCクラブから素晴らしい社会奉仕活動の報告があり大変に勉強になりました。

◎田原榮一君:G1/2合同IM
18日、G1/2合同のIM(下関)が大成功裏に終わり、参加者250名が参加し、「がん予防と職業奉仕」のテーマで開催。忘れられないIMでした宮崎ガバナー補佐、田村ガバナー補佐に感謝いたします。

◎藤村欣吾君:先週の例会はがん予防の卓話時間を頂きながら、大学の入学試験判定会議と重なり欠席をしました。
尾形、柳田両会員をはじめがん予防推進の会員の方々にはご迷惑をおかけいたしました。毎年のことですが、我々の一言でその学生の人生に影響を与える会議は小生にとって非常に重たい一日となりました。
15日には、広島安佐RCのインターアクトクラブである崇徳高等学校へ禁煙を中心としたがん予防の出前講義に行ってきました。黒の学生服でいがぐり頭の1年生406名が並んでいる様は壮観で、日ごろ安田女子大学での赤、白、黄色の、ピンク色の中での講義とは異なり、引き締まった50分でした。寝る生徒もなく有意義な時間を過ごすことができました。

◎城本健司君:「アンビエンテ2017」出展、好評御礼
ドイツ、フランクフルトで2月10日から14日まで開催されました。世界最大級の消費財展示会である「アンビエンテ2017」に、日本の伝統的工芸品の代表として弊社が出展し、熊野筆のPRをしてまいりました。来場者は14万人、世界中から訪れるバイヤーと商談を行いました。我々のブースにもたくさんの方が立ち寄られ、日本のものづくりの魅力を全力でアピールしました。事前準備から当日の出展、および撤去までご協力いただきました伝統的工芸品産業振興会の皆様、日本全国から参加された各地の伝統的工芸品の産地の方々に感謝です。

◎芥川宏君:ローターアクト
2月の理事会で新設されましたローターアクト委員会の芥川です。ローターアクター予定者を送り出していただいた会員の皆様に改めて感謝します。2月14日19時より「広島中央ローターアクトクラブ設立準備会」を開催し、ローターアクト予定者10名、地区ローターアクト役員3名を迎え、ローターアクトの概要の説明、意見交換を行いました。最初のスタートとしては順調だったと思います。3月以降、月2回の準備会を開催し、予定者同士の親睦も深めながら、広島中央ローターアクトクラブの設立準備を進めていきたいと存じますので、会員の皆様のご支援をお願いします。

◎吉川 惠君:ローターアクトクラブ設立準備会開催
2月14日、皆様のお陰を持ちまして、ローターアクトクラブ設立準備会を開催しました。集まった10名のローターアクト会員候補者は年齢20歳代の青年です。若い彼らの成長を見たいと思いました。派遣いただきましたロータリー会員の方々がそれぞれ彼らを見守りながら、心配そうに、そして嬉しそうな姿が印象的でした。

 

 

 

 

 

 

 



■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.