2017年06月26日

 >> 一覧へ

2016-2017年度 6月期 第1756例会記録

 

【場所】半べえ
【ロータリーソング】ROTARY

 

 

本日の
プログラム

最終夜間例会並びに会員懇親会

「広島中央ローターアクトクラブ結成認定状と目録の授与式
・理事役員退任挨拶」「点鐘の引継及び広島中央RAC紹介」

 

 

 

卓話者

理事役員、RAC委員長

 

 

 

担当

会長・幹事・RAC・親睦

 

 

 

ゲスト

米山奨学生:フェレイロ・ポッセ・ダマソ君
広島中央ローターアクトクラブメンバー
 加藤 由香さん
 中川 香織さん
 野口 勝義君
 松本 友希君
 大原 諒也君
 小川 翔萌さん
 板井 貴大君
 西本 翔太君
 山村 晃宏君
 勝田 諒君
 村上 祐樹君

 

 

 

 

会長時間 「最終夜間例会とRAC認定式を迎え」


昨年7月に、1714回から始まりました例会は、本日で1756回となり、いよいよ2016年度最終の例会となりました。
本来ですと、先週の例会で会長としての棚卸をする予定でしたが、地区大会慰労の夜間例会に変更しましたので、それが叶わず、今夜の最終夜間例会で行うことになりました。
私をはじめ理事、委員長は、一年間のまとめを丁寧にご報告すべきですが、ローターアクトクラブ結成に関する認証状のご披露等のため、時間の関係上簡潔にご報告をさせていただきますことを、ご理解とご容赦をいたがきますようお願いたします。
詳細につきましては、いつものように、ホームページで掲載しますので後ほどごゆっくりご覧くださいますようお願いいたします。
 この度5月28日付で、RI会長からローターアクト結成認証状を受理しました。
後ほどその認証状を披露させていただきます。
ローターアクト結成にあたり、昨年2月以来、その準備に情熱を傾けてくださいました奉仕プロジェクト委員会の前原理事、地区ローターアクト吉川恵委員長、芥川準備委員長、西井副委員長が絶妙のタッグを組まれ、委員の方々の設立に向けての並々ならぬ熱意と努力と会員の皆様のご理解とお支えをいただいた賜物と敬意を表します。今夜はローターアクター11名の皆さんがご参加くださいましたことを歓迎いたします。
さて、今年は、ロータリー財団100周年という記念すべき年でした。主要な諸行事にそのことを冠として取り組みました。
私は、昨年7月、会長就任にあたり、会長方針を次のように述べさせていただきました。
「出会いに学び、奉仕を通して、いのち輝く未来を。―広島中央ロータリークラブファミリーの絆を強めようー」
クラブ内外のロータリアンとの出会いを大切に、さまざまな奉仕活動を通しての出会いの機会に恵まれた一年でした、
 私の力不足で、皆様にはいろいろな場面で、ご迷惑をおかけしたのではないかと反省しお詫びを申し上げます。
この一年間、ロータリーの要である幹事として、それでなくても大変ご多忙な中、いつも温かく細やかで、適切な判断と周到な準備でお支えいただきました大久保幹事に心から感謝いたします。
また、副会長、副幹事、理事・役員の方々と意思の疎通を図りながら会員の皆様方のご指導、ご協力、お支えにより、何とかこの日を迎えることができましたことを有り難く感謝いたします。
さて、ロータリー財団創立100年という記念の年に、創立38年にして初めて田原ガバナーを輩出し、一年間2710地区73全ロータリークラブへのガバナー訪問など健康を守られ、地区のリーダーとして東奔西走されました田原ガナバーに対し深甚なる敬意を表します。
私たち広島中央ロータリークラブにとって最大の行事でありました地区大会は、橋本代表幹事、緒方実行委員長を扇の要として、各委員会の理事・役員を中心に会員の皆様が心を一つにして取り組み、実行してくださいましたお蔭で、参加者から高い評価を得て無事終了することができましたことを改めて感謝申し上げます。
 各委員会活動に関しましては、各委員会の理事と役員の報告に委ねます。各理事と委員長を中心に委員の皆様が計画に沿い、努力してくださいましたことを感謝します。
 田原ガバナーは、就任にあたり、具体的目標として掲げられた2項目の一つ「がん予防の推進」は、本クラブでも特別委員会「がん予防啓発推進委員会」を設置し、藤村委員長、児玉委員を中心に16名の委員の皆さんが、多くのクラブからの要請に応え奉仕されました。
 年度当初から、長年の懸案となっておりましたクラブ広報委員会の広報・ITについて城本理事が、忍耐強く対応してくださり4月から新規クラブホームページに一新できました。
ロータリー財団創立100周年を記念しての献血支援活動、ローターアクト設立へ向けての準備、パラオにおける国際奉仕活動とグローバル補助金獲得への検討・準備等に奉仕プロジェクト委員会の前原理事を中心に関係役員・会員の皆様が熱意を込めて研修会や取り組みを強化していただき大きく前進したことも特記すべき事項であります。
ロータリー財団100年を覚えての年次・ポールハリス・フェローポリオプラス・べネファクター・米山奨学会等諸寄付も皆様のご協力により目標を上回ることができました。
また、ロータリー財団100周年記念イベントも献血活動とタイアップするなど吉川修平理事と委員の皆様の積極的な取り組みが高く評価されました。
今年度も出席率100%を守り、ニコニコ会計も予算を上回ることができました。プログラムの卓話編成においても池田委員長の広い人脈のおかげで多彩な卓話者を迎え楽しい学びの時に恵まれました。クラブ運営委員会管理運営委員会の松村理事、新宮委員長と委員の皆様の様々な工夫と取り組みのお陰と感謝いたします。
広島中央ロータリークラブ創立時のチャーターメンバーとして、その礎を築き、貼ってのためにご尽力いただきました高石稔名誉会員と栗栖昭夫会員のご功績に感謝しご冥福をお祈りいたします。
引き続いての課題として、マイ・ロータリーの登録、戦略計画委員会の活性化等があります。
RI会長賞は、必須項目を満たさないため申請を断念しました。
各委員会活動に関しましても、各理事と委員長を中心に委員の皆さんが計画に沿い、責任をもって対処し所期の目標を達成してくださいましたことを感謝いたします。
 健康度チェックについては、前半期に理事によるモデルチャックを実施しましたが、回答に当たっての課題が判明し、全員回答へ向けての工夫を福田委員長に委ね、年度越しの取り組みとなりました。
規定審議会の決定事項を受けて、入会金の取り扱いについては、福田委員長が改正案を提示され理事会で承認しました。他の多くの事項については、本クラブの改正の要・不要に関わらず今後も理解を深めるための研修会など折に触れて開く必要があると思います。
6月5日、新旧理事役員の引継ぎ会を行い、年度の活動報告と引き継ぎ事項について協議しました。いくつかの年度を超えての懸案事項がありますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 終わりに、もう一度皆様方のご協力、ご支援に感謝し退任のご挨拶とさせていただきます。

 

 

 

 

幹事報告

◎お知らせ
次週例会は故栗栖昭夫会員の追悼例会です。よろしくお願いいたします。

◎次花火家族会について
7/6迄に出欠回答をお願いします。

 

 

 

委員会報告等

◎出席=本日の出席報告と年間ホームクラブ100%出席表彰(5名)
 (出ア・熊野・吉川惠・杉本・山肩君)   

 

 

 

 

 

 

【 第1756例会のアルバム 24枚 】
 

 

 

 



■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.