2017年12月11日

 >> 一覧へ

2017-2018年度 12月期 第1775例会記録

 

【場所】グランドプリンスホテル広島
【ロータリーソング】われらの生業

 

 

本日の
プログラム

年次総会
@2018-'19年度会長ノミニー選出
A2018-'19年度理事選出

 

 

 

卓話者

議長 嶋本会長

 

 

 

担当委員会 会長・幹事

 

 

 

祝事等 ・会員誕生日(5名)橋本 藤村 安藤 緒方 椿     
・配偶者誕生日(6名)田原 太田 原田 好永 松村 迫田
・特別なお祝い(古稀)橋本会員

 

 

 

会長時間

・年次総会開催にあたり
・R財団 2016-17年度認証バナー及び感謝状受賞報告
  @「Every Rotarian, Every Year」認証バナー
  A100%ロータリー財団寄付クラブ認証バナー
  BEnd Polio Now:「歴史に1ページを刻もう」キャンペーンの感謝状

 「疾病予防と治療月間」

 

 こんにちは。先週はIMキックオフ例会において、ガバナー補佐をお迎えしてクラブ会員の結束の下、第一歩を踏み出すことが出来ました。有難うございました。来年3月11日までの間、それぞれの委員会で準備をしていきますので、よろしくお願い致します。
 さて今月は疾病予防と治療月間です。
 医学の祖と尊ばれているヒポクラテスは、紀元前5世紀に活躍し、今世界中の医師や医学研究者の間で注目を浴びている「すべての病気は腸に始まる」と予言し、病気を自然現象と考え、科学に基づく医療の基礎を作った名医として知られています。
 そして26世紀前の言葉が今になって注目され、今まで殆ど分かっていなかった腸内細菌〈微生物〉の重要な役割が、最近の研究で明らかにされ、肥満、動脈硬化、アレルギー、糖尿病、腸の難病(潰瘍性大腸炎など)、大腸癌などにも関係していることが分かってきました。
 腸には1000兆個の微生物、重量にすると肝臓の重量と同じで、遺伝子の数にすると我々の体の細胞の数十倍あり、様々な生理的な働きをしています。
 日常生活では、特に食事内容に関係して、善玉菌は繊維食物、乳酸菌食,発酵食品が大好物です。そして3週間前、サイエンスという高名な雑誌に、今、癌の治療で注目されている免疫系に関与するチェックポイント治療薬のオポジーボの効果は、抗生物質を使用して腸内の細菌を減らした患者さんよりも、抗生物質を使用せずオポジーボを服用した患者さんの方が、癌の治療効果が良かったという報告もあり、腸内細菌が治療にも影響していることが報告されました。
 皆様も、この12月の忘年会等々で美味しいものをたくさん食べられますが、是非腸内の微生物にも相談されて食べるようにしていただければ、良い正月を迎えることが出来ると思います。

 

 

 

理事役員会等
 ・例会終了後ロビーにて第1回次年度理事役員会開催

委員会報告等
 ・職業奉仕=行動規範唱和
 ・出席=出席報告
 ・ロータリーの友紹介
 ・人間尊重、社会奉仕=「エコ・ドリーム運動」10月分取組結果報告
  及び11月取組表作成

備   考
 年次総会、指名委員会開催中にがん予防に関するアンケートを実施

 

 

 

 

 

【 第1775例会のアルバム 17枚 】
 


 2016-17年度認証バナー及び感謝状受賞
 



 誕生日月の会員
 

 

 



■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.