2017年12月18日

 >> 一覧へ

2017-2018年度 12月期 第1776例会記録

 

【場所】グランドプリンスホテル広島
【ロータリーソング】それでこそロータリー

 

 

本日の
プログラム

新会員卓話
「自己紹介」

 

 

 

卓話者

安藤徹哉会員

 

 

 

担当委員会 プログラム

 

 

 

祝事等 ・連続出席表彰(7名)太田 上原 中野 田中 松井 西井 岡田 
・結婚記念日(1名) 榎崎

(ニコニコ箱時間SAAより紹介)
・入会月会員(4名)太田 中野 松井 岡田 
・創業月会員(2名)浜田 粟井  

 

 

 

会長時間

 「疾病予防と治療月間(その2)」

 

 こんにちは。先週は2017-18年度年次総会があり、会長、会長ノミニー、副会長(2名以内)、幹事、4名の理事と会計委員長を選出していただき、有難うございました。
 また、先週は吉川恵委員長による長期戦略委員会も開催され田原パストガバナーにも参加していただき、クラブの健康チェックの結果データを基に、広島中央RCとしての問題点等を話し合っていただきました。そして、今後それぞれの問題点を関連する各委員長によりインフォーラムミーティングを開催していただき、処方箋(解決策)を提示し、今後のクラブの長期戦略の目標にしていただくことになりました。今後、吉川委員長から各委員会に連絡があると思いますので、よろしくお願いいたします。
 今月のテーマは疾病予防の続きで、筋肉から分泌されるホルモンのようなマイオカインについてお話します。
 我々の体には、3種類の筋肉があります。一つは心臓の筋肉、毎日寝ても覚めても自動的に動いてくれている心筋。そして2つ目は、これも自動的に動いてくれる血管や消化管の壁を作っている平滑筋であります。三番目は骨格筋、運動するときの筋肉で、自分の意思で動かそうとしないと動きません。そして動かさないと萎縮してしまいます。高齢者に介護が必要になるのは、この筋肉の萎縮のせいだともいわれています。
 最近この骨格筋から、運動によって生理的な活性因子、マイオカインが分泌され、筋肥大効果、脂肪分解、脂質代謝亢進、インスリン感受性の改善、糖質代謝の亢進、そしてアポトーシスの活性(癌発生予防)を示すことが分かってきました。更に運動は脳への効果(前頭連合野の情動、理論、推計、将来予想、判断、計画の立案などの高度な脳機能)、精神面への効果(達成感、自信、高齢者の認知機能、うつ病の改善)もあり、それらの関与が考えられるかもしれません。
 意識し体を動かし、これらのマイオカインを使ってロータリー活動がさらに活発に出来ればと思います。

 

 

 

幹事報告
 ●100万$食事(幹事告知)
 ●次年度副幹事紹介(次年度幹事)
 ●BOX配布物の確認
  ・次年度第1回理事役員会議事録
 ●回覧物
  ・インターシティミ−ティング出欠表(12/25回答締切) 
 ●次回例会について
 次週12/25の例会は昼の例会を夜にを変更して、夜間例会並びに
 クリスマス家族会を18:30〜グランドプリンスホテルにて開催します。
 送迎バスは乗車人数の都合により、広島駅発17:30、
 県庁横市民病院前17:50経由の1便となっておりますので、
 よろしくお願いいたします。
 ●メークアップについて
 クリスマス家族例会欠席者のメークアップ期間は
 12/12〜1/7となっていますが、早めの実施をお願いします。
●合同事務局の冬期休暇について
 12/29−1/3となっています。よろしくお願いいたします。
●1月会費のご案内について
 12/28発送の予定です。

委員会報告等
 
・出席=出席報告
 ・ロータリー財団委員会=愛のコイン箱
 ・国際奉仕=古切手類収集
 ・戦略計画委員会=クラブの健康チェックに関する報告

 

 

 

 

 

【 第1776例会のアルバム 10枚 】
 

連続100%出席表彰

 

 



新会員卓話で安藤会員が自己紹介をされました。

 

 



■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.