2018年06月04日

 >> 一覧へ

2017-2018年度 6月期 第1796例会記録

 

【場所】リーガロイヤルホテル広島
【ロータリーソング】奉仕の理想

 

 

本日の
プログラム

会員リレー卓話
「医療は社会を幸せに導くのか、あるいは困窮に導くのか」

 

 

 

卓話者 藤村欣吾会員

 

 

 

担当委員会
プログラム

 

 

 

祝事等
・会員誕生日(4名)赤羽 西井 下原 粟井
・古稀の祝い(赤羽克秀)
・配偶者誕生日(5名)大坂 杉本 長場 砂田 安藤

 

 

 

会長時間

 「本来のロータリーの親睦活動とは」

 皆さんこんにちは。6月に入り、もう少しすると広島も梅雨に入りそうです。学生さんも衣替えで、真っ白い制服が本当に眩いくらいに清潔さを感じさせます。
 さて今月は、ロータリー親睦活動月間です。皆様もロータリアンの仲間で、親睦活動をされていると思いますが、私は実はこのRCの親睦をあまり理解していませんでした。  
 毎月地区から届くリソースには以下のような記載があります。
 ロータリー親睦活動グループは、共通の趣味、関心、スポーツ、職業を土台としたロータリーメンバーの集まりです。 交流を通じて、専門知識・スキルをさらに磨き、海外に友人を作ることができるだけでなく、特技を生かした奉仕活動を実施することもできます。
 そして親睦活動のメリットは以下のとおりとされています。
 1)自分のクラブや国を越えた友情を築く機会となります。 
 2)ロータリーの公共イメージとブランド力を高めます。 
 3)ロータリー入会やロータリー活動への参加を促進します。 
 また、親睦活動グループには、ボウリング、4WD車、アマチュア無線、アンティーク自動車、作家と著者、ビールなどたくさんあります。例えば、最近作られた親睦活動グループには、世界中でビールを楽しむロータリアンの親睦活動グループメンバーが、「Beers Rotarians Enjoy Worldwide (BREW)」(世界中でビールを楽しむロータリアンの親睦活動グループ)を作りました。彼らは、「ビールを飲むことで、例えばアフリカの村にきれいな水を届けられます。ビール好きで、ビールを買ったお金で世界でよいことができるなら、まさに一石二鳥ではないでしょうか」と述べておられます。そして、「水と衛生のロータリアン行動グループ」と協力して、支援可能な水プロジェクトを選択し、これらのプロジェクトに親睦活動グループ会費の25%を寄付しています。
 ロータリーによる、このような水プロジェクトによって多くの人たちの生活が改善されます。世界では、不衛生な水が原因で毎日3,000人の子どもが、また、水を介した病気で8,000人が命を落としていると言われています。さらに、世界の多くの地域では、女性が水汲みのためにかなりの時間を費やしていることも分かっています。この同じ時間を、水汲みではなく、家族の世話や仕事、社会貢献にあてることができるはずです、という考えもあるようです。
 このように親睦活動をすることが、ロータリー本来の奉仕活動をすることにつながるのであれば、素晴らしいことであると思います。日本でもこのようなつながりのある活動を期待したいと思います。

  *推薦者(橋本満会員)より紹介と新会員の挨拶


           


幹事報告
 ●BOX配布物の確認
  @雑誌類=ガバナーズレター・IM報告書
  A「エコ・ドリーム運動」5月分取組表
  B次年度地区大会ご案内
 
 ●今週の土曜日6/9は「マイカー乗るまぁデー」PR活動 
   & 献血支援活動を実施します。参加予定の方はよろしくお願いいたします。

理事役員会等
 
・本日18:00より「蜂ヤ」にて理事役員会を、引き続き18:30より
  新旧理事役員引継会を開催

委員会報告等
 ・出席=出席報告
 ・人間尊重、社会奉仕=「エコ・ドリーム運動」4月分取組結果報告
 ・奉仕P委員会=街頭活動について

 

 

 

 

 

【 第1796例会のアルバム 18枚 】
 

 【配偶者誕生日月の会員】

【6月誕生日の会員】
【会長時間】


 例会に復帰されました前原会員より
 ご挨拶がありました。

【委員会報告】

 

【会員リレー卓話】

藤村欣吾会員より
「医療は社会を幸せに導くのか、あるいは困窮に導くのか」と題して卓話が行われました。
 

 

 



■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.