2019年5月27日

 >> 一覧へ

2018-2019年度 5月期 第1835例会記録

 

【場所】リーガロイヤルホテル広島 
【ロータリーソング】それでこそロータリー

 

 

本日の
プログラム

会員卓話
「青少年について」

 

 

 

卓話者 吉清有三会員

 

 

 

担当委員会 プログラム

 

 

 

祝事等 (ニコニコ箱時間SAAより紹介)
・入会月会員(8名)藤村 平松 黒瀬 鳥井 椿 大井 政岡 平瀬
・創業月会員(5名)神田 山肩 橋本 戸田 宗正

 

 

 

会長時間  5月のロータリー月間のテーマは「青少年奉仕月間」です。ロータリーの青少年関係のプログラムで言うと「インターアクト」「ローターアクト」「RYLA(青少年指導者育成プログラム)」「ロータリー青少年交換」「新世代交換」があります。先々週は、広島中央ローターアクトの会長に卓話をお願い致しました。アクトの活動の難しさ、楽しさ、意義などを聞くことができました。メンバーが少ない中で苦労しながらも、親睦を深め、多くを学んでいる事を知ることができました。現在の社会では、確かに迅速的、合理的、効果的なものを求めなければいけない事も多くあると思います。しかし、ロータリーの活動はそれらの追求ばかりでなく、時には回り道や微力で時間が掛かる事も必要だと思います。青少年奉仕には様々な意味合いが含まれているともいまが、次世代のより良い社会に必要不可欠な活動ばかりだと思います。


幹事報告
●100万ドル食事(幹事告知)
●BOX配布物の確認
 @次年度理事役員会議事録
 A会報4月号
 B次年度地区大会仮登録ご案内
●回覧物
 ・マイカー乗るまぁデー」PR活動&血支援活動参加表

理事役員会等
 
・本日18:00よりグランドプリンスホテルにて次年度第6回理事役員会を、
  18:30より次年度第2回クラブアッセンブリー開催
 ・回覧物
  最終例会出欠表

委員会報告等
 
・出席=出席報告
 ・ロータリー財団委員会=愛のコイン箱
 ・国際奉仕=古切手類収集
 ・人間尊重・社会奉仕=6/2献血運動及びマイカー乗るまぁデーPR運動について

 

 

 

【第1835例会のアルバム 16枚】
 

【会長時間】

 

【委員会報告】
【ゲスト卓和】
 
吉清会員より「障がい者をサポートする社会的実験」と題して卓話が行われた。

 

 

 


■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.