2019年01月07日

 >> 一覧へ

第1818例会

 

 

場所:リーガロイヤルホテル広島

会員卓話「会長新春挨拶・亥年生まれ会員挨拶」

 

 

 

 

「会長新年の挨拶」古澤宰治 君

 

 明けましておめでとうございます。今年の抱負をお話しさせて頂く前に、昨年のお礼をさせて頂きます。広島中央ロータリークラブ創立40周年という節目の会長を拝命させて頂き、感謝しております。50歳と言う若い私に、大役を任せて頂きました皆様に対して本当に感謝しております。この半年間は、創立40周年の式典、記念事業等で、皆様のご協力のおかげで成し遂げる事が出来ました。前期の創立40周年、ガバナー訪問等大切な予定を無事に終える事が出来ました。ありがとうございました。残りの半年は、引き続きお願い事があります。それは、会員増強です。一人でも多くの優良な会員を増やしたいと思っております。勿論、会長、幹事をはじめとする執行部が、率先して会員増強をしなければなりません。現在、お声を掛けさせて頂いております方もおりますが、入会に向けて努力をいたします。また、何方かご紹介頂きましたら、ご説明等させて頂きたいと思いますので、よろしくお願い致します。
 さて、私し自身の今年の抱負を少しお話させて頂きます。個人の抱負と言っても、ロータリーに無関係ではなく、これまで16年近く広島中央ロータリークラブに関わらせて頂いておりますので、私自身、家族も共にロータリーと関わりながら成長してきました。入会時はまだ幼稚園だった子供達も大学生になりました。なかなか、家族会に誘っても都合が合わず参加できない年頃になりましたが、皆様のお孫さん、お子様を家族会で拝見すると、入会間もない頃を思い出します。改めて、皆様と関わりながら成長してこられた事を実感いたします。親子で同じクラブに属している例は、広島中央ロータリーではまだないと思います。いつか、そんな事が実現すれば良いなと考えております。なかなか、親子だと気恥かしい事もあり、難しいかもしれませんし、それまで、仕事も含めてしっかりとしていないと実現できるものではないと思います。その為に精進し、今年はその一歩になる様、頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「新年の挨拶」新宮勝則 君

 

 新年あけましておめでとうございます。早いもので、今年で60歳の還暦を迎えます。
イノシシ年と言ってすぐに頭に浮かぶのが…猪突猛進(ちょとつもうしん)ではないでしょうか?
 猪は突進する習性があることから、目標に向かって猛烈な勢いで突き進むこと。周囲への配慮をせずがむしゃらにやり抜くこと。と言います。
 振り返りますと今まで私もそんな感じで生きてきたのかな?とも思いますが、今まで正しく生きてきたかどうかはわかりませんが、私の今年のテーマは「正しさよりも楽しさ」です。
「賢者は正論を言わず」と言う言葉がありますが、正論を主張しすぎると、相手に対して不快な思いを抱かせ、時には人を傷つけ、又自分自身をも追い込むことになります。
 今年は「正しい自分」から「愉しい自分」へと自分自身をシフトしていき、これからの人生をより有意義なものにしたいと思います。と言うことで皆さん本年も楽しく遊んでください。
宜しくお願い致します。

 

 

 

 



■ リンク

■ お問い合わせ

■ サイトマップ

■ Privacy Policy

© Hiroshima Center Rotary Club All rights reserved.